FC2ブログ

Zinnia


愛息子(M.ダックス)愛娘(アメリカンカール)メインの日記です。2017.03.11妹(ノルウェージャンフォレストキャット)を迎えました。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。③

7月26日(水)
朝・・・ちょこちょこご飯を食べる。元気。涙が多い。
日中お留守番。
夜・・・ちょこちょこご飯を食べる。元気。涙が多い。
    見えている瞬膜の量が増えたように思う。瞬膜も赤い。。。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。③

今日はカイのお誕生日。ありがとうの日。みんなでBirthdaySongを歌ったよ。カイ~届きましたか。



7月27日(木)
朝・・・ちょこちょこご飯食べる。元気。涙が多い。
日中お留守番。
夜・・・ちょこちょこ・ガツガツ食べる凄く元気。涙が多い。
    目の開き具合が大きくなっている。。。
    でも、突出具合は治まっている?
瞼を閉じてあげると、眼球が全て隠れた。
    新しく追加した緑内障用の点眼薬が効いているのか、皮膚が伸びてしまったのか。


ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。③1



7月28日(金)
朝・・・ちょこちょこ・ガツガツご飯を食べる。凄く元気。涙が多い。
    昨日の夜よりまた少し目が小さくなっているよう。瞼を閉じてあげると
    瞼に余裕が出来てきた

    喜んでいいの?ダメなの?もしかして萎縮が始まった?!
日中お留守番。
夜・・・ちょこちょこ・ガツガツご飯を食べる。凄く元気。涙が多い。

医師も驚くほど、日々症状が変化する、時には数時間で変化する眼球...また大きく変わりました。


スポンサーサイト



ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。②

7月23日(日)
朝・・・ご飯をちょこちょこ食べる。元気。涙が多い。るったんと追いかけっこをする。

眼圧を計りにいつもの病院に。裂けているように見えるほど、幅の広がっているのも診てもらう。
眼圧:44mmHg(3回測定平均値) 体温:38.7度(下がってる) 体重:2.9kg
眼圧が下がっているのは、ブドウ膜炎が悪化しているからかな???
涙が多いのは、眼球が大きくなっていることで、涙が抜けていく部分が圧迫されている
からだろう。

眼球が大きくなり過ぎて飛び出してしまっている為、裂けてるように幅が広くなった。
稀に眼球の裏側にシコリ?が出来て押されて飛び出ている場合がある。エコーを撮れば分かる。
視力が回復しないとなると、次は痛みを出さない取ってあげる治療になる。
眼球はまだ大きくなるだろう。
いつかは分からないが1年後ぐらい?萎縮が始まるのを待つ。

元気に遊んでご飯を食べることが出来ているということで、ホッとしました。と。

夜・・・ご飯をちょこちょこ食べる。元気。涙が多い。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。②

何でこんなことに。。。。。。。。。。。。。。何がアカンかった。。。。。。。。。。。
何で。。。。。。。。。。

元気でいてくれていることだけが救い。
写真を撮りアップすると、リアルの症状より落ち着いて写っているように思うのに、ブログにアップするのは
気が引けるような写真になってきた。。。。。。。。。




7月24日(月)
朝・・・ご飯をちょこちょこ食べる。元気。涙が多い。
    目が大きくなりすぎて、瞼が完全に閉じなくなっているよう
    眼科医が言っていた眼球の乾燥が心配。。。
日中お留守番。
夜・・・ご飯をちょこちょこ食べる。元気。涙が多い。
    朝より目が大きくなっている。見えてはいけない真っ赤な部分の量が増えた。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。②1

どこまで大きくなるのですか!?怖いよ。悲しいよ。辛いよ。



7月25日(火)
朝・・・ご飯を食べる。元気。涙が多い。瞼を完全に閉じることが出来ない。
日中お留守番。
夜・・・ご飯を食べる。元気。涙が多い。瞼を完全に閉じることが出来ない。    

眼科専門病院通院日。
眼圧以外の検査をする。
(目を見ると明らかなので、計ることもなくなってしまったんだろうなぁ...角膜にも良くないのかなぁ...)
体重:2.9kg(維持) 体温:39.0度(また上がっている...)
眼球が大きくなり瞼を完全に閉めることが出来なくなっているので、角膜が乾燥してボロボロになっている
角膜に傷などがある時は、抗炎症薬?を使うと目に穴が開いてしまう。炎症より穴が開く方が危険なので、
1日3回点眼していた非ステロイド性の点眼薬は使用を中止する。
ちなみに血管が多い部分なので、内服薬でも同様の事が起こり危険。

ヒアルロン酸の目薬が処方される。
1日3~5回(さし過ぎるということはないので、頻繁にさしてあげると良い。)
前回話に出ていた、緑内障の点眼薬も追加。1日3回。
まだ子供で目が完成しておらず柔らかい。なので、まだ眼球は大きくなり続けると思う。との事。
生後2,3ヶ月のコはすぐに飛び出してしまうのだとか...
7ヶ月にしては大きくなるスピードが速い。との事。。。
眼球は麻痺して痛みはないが、周りの皮膚は拡げられて痛みがある。との事。
が、ムーニーに痛がっている様子がないので医師は不思議そう。
進行が速いので、1週間待たず間で再診。7/29に予約を取った。

乾燥は心配していたけど、涙が出ているので、乾燥しているとは思いませんでした。
抗炎症点眼薬が使えなくなって、そもそものブドウ膜炎が爆発しないか心配です。早く角膜を正常に戻さなきゃ。
戻るよね?!医師はこれ以上悪化させないようにって感じだったけど。
それに、まだ大きくなるのですね...本当に眼球摘出を考えないといけない時がくるのかもしれません。。。


ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。②2

※下書きで保存したつもりの記事が公開されていました
  1度非表示にし直し、また書き終えたらアップしようと思います。
  読んでくださった方、拍手くださった方、ありがとうございました



ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。

7月20日(木)
朝・・・ご飯を食べる。元気。涙が多い。
元気ってことは、内服薬(抗生剤・非ステロイド性)は使わなくても大丈夫ってこと?断定するには時期尚早だけど。
日中お留守番。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。

夜・・・ご飯食べる。元気。涙が多い。
    眼球の右上辺りの赤みが濃くなった?
内服薬を止めたから、炎症が酷くなった?これも断定するのは難しい。。。
体重:2.9kg



7月21日(金)
朝・・・ご飯を食べる。元気。涙が多い。
日中お留守番。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。1

夜・・・ご飯をちょこちょこ食べる。元気。るったんと追いかけっこをする。
    大好きな猫じゃらしで遊ぶ。
    昨日からティッシュケースがお気に入り。キツキツなのに、上手に入って寛いでいます。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。5



7月22日(土)
朝・・・ご飯をちょこちょこ食べる。元気。るったんと追いかけっこをする。
瞼の表面がまた赤くなってきた。目が大きくなっているよう。涙が多い。
PM5:30頃・・・眼科専門医に電話。↑の症状を伝える。
医師的にはやっぱり緑内障は進行するものなので...と、眼圧を計って、下がっていればブドウ膜炎の悪化か...眼圧が高ければ緑内障の進行...ぶどう膜炎には透過性があるステロイドの点眼薬、緑内障には以前言っていたもう1種類プラスすることぐらいかと。との事。涙が多くなる原因は2つあり、1つは涙が抜けていく部分が詰まって細くなっている時。2つ目なんだっけ...1つ目の原因が怖くて...(汗)でも、ドライアイになる方が問題だそう。
明日は病院が休みの為、予約日を一日早める事にした。
明日はいつもの病院に眼圧を計りに行こう。。。
夕方~夜お留守番。
夜・・・ご飯をちょこちょこ食べる。元気。涙が多い。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。2

PM10:00頃・・・目の幅が広くなっている。見えてはイケナイ所まで、見えてしまっているよう。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。3
(誤)22 July,2017→23 July,2017 AM1:30

AM1:30頃・・・瞼が今までと違う腫れ方をしている。 (殴られた人のような...)
涙が出るので、昨日あたりから、顔(左目)を洗う仕草をするようになった。爪は立てていないので大丈夫だとは思うけど、さわらないにこしたことはない。
さわらないでも悪化の一途をたどっているのに...掻いたりしたら、大変!!
この状態にエリザベスカラーなんて可哀想過ぎる...
どんどん見ていられない目になってくる。。。口裂け女ならぬ目裂け。。。酷い。。。

ムーニー「ブドウ膜炎+緑内障」の記録。。。4
(誤)22 July,2017→23 July,2017


近くの眼科専門病院へ

近くの眼科専門病院へ
7月19日(水)
朝・・・少しご飯を食べる。元気。
主治医から連絡があり、治療経過を文書にしたので持って行ってもらえますか?と。
ありがとう御座いました。
受け取って、眼科専門医へ。

体温・眼圧・角膜染色・後眼部検査を行った。
↑後眼部検査以外いつもの病院と変わらない。
牛眼。慢性緑内障。眼球が大きくなっている為、痛みが出ない場合が多い。視力なし。
急性緑内障だと激しい痛みを伴う。
急いで治療して結果が変わる段階は過ぎている。
犬は48時間以内。猫は時間は決まっていないが...
緑内障は進行性の病気の為、眼圧を下げる・今を維持することは不可能と考える。
緑内障は眼球が大きくなった後、萎縮する。萎縮すると瞼を巻き込み危険。
FIPを疑う。
炎症が強いと眼圧は下がる。緑内障は眼圧が上がる。なので判断し辛い。
微熱があり原因不明な点から、全身麻酔が必要な手術はためらう。
眼球摘出・・・猫は腫瘍が出来易いため義眼は入れない。摘出後は瞼を縫い付ける。
様々な症例の写真を見ながら説明を受けました。
内容はいつもの病院で聞いていたものとほぼ同じ。
ステロイドが効かないとの事で、今使っている薬のまま使用回数を変えて様子を見る。
次回は何もなければ1週間後。7/26(19:40)を予約をして帰る。
待合室が暑かったので、次からはスリングに保冷剤を入れて行こう。

帰宅してから、そう言えば視力の回復の有無など
怖かったこともあり、ちゃんと確認していなかったので病院に電話。
視力は戻らないと思っています。
緑内障が進行し、まだ眼球が大きくなり、その後、眼球が小さくなる。と思います。
」との事。
涙が止まらない。。。。。。。。専門病院でも、希望の光はささなかった。。。。。。。

午後お留守番。

夜・・・ご飯(ドライ以外)食べる。あまり元気がない。
    ドライが食べれると本調子な感じがします。後、ちょこちょこ食べも食欲があり、元気な証だと思っています。

やっぱり薬が減ったのが心配で、理由も何だか「使っても意味がない。」ぐらいしか
思い出せなくて...再度、電話して聞く。
免疫的なことを疑っている為、非ステロイド性の内服薬は意味をなさない。
抗生剤も目ヤニ・膿などが出ていないので必要がない。
どちらも少なからず、副作用があり、いざ必要になった時に効かなくなる可能性がある為。

瞼の内側の肉が出てきて眼球が診れない間に緑内障にまでなってしまっていたんだね...
新しく変えた薬が効いて瞼の内側の肉の炎症が治まったので、
これからやっと良い方向に向かって行くと思っていました...
ステロイドが効かない特異体質で、合う薬がやっと見付かったと...................
すでに視力まで失い、回復する見込みはないなんて...
信じられない..................



ブドウ膜炎・結膜炎+緑内障・網膜剥離(も!?)

7月16日(日)
朝・・・ご飯食べない。(ちゅ~る食べる。)あまり元気がない。

ブドウ膜炎・結膜炎→緑内障・網膜剥離(も!?)4

夜・・・少しご飯を食べる。
    (ちゅ~る以外食べなかったので、ペースト状に近い総合栄養食のパウチを
     ちゅ~るのように少しずつ出してあげると食べた
。)
    トイレに籠る。←初めて...調子が悪いんだよね。。。
    目薬をさす為にトイレから出す。強制的に出さないと、自分から出そうにない感じ。。。
    瞼の内側の肉の出具合が治まってきた。少し眼球が見えるようになった。

初期の段階で治療を開始できたはずなのに...
ブドウ膜炎・結膜炎は治らない...どころか悪化する...
2週間以上、通院・検査・内服・点眼薬・食事を頑張っているのに...
食欲や元気がなくなったり、しんどそう...
まだ産まれて7ヶ月なのに...小さな小さな体なのに...
...
...
言葉で表せないモヤモヤが溜まり...
無性にイライラしてしまうのです。


明日行ってみる予定だった眼科専門病院が祝日も休みだった...残念。。。



7月17日(月・祝)
朝・・・ご飯を食べる。
    (パウチの総合栄養食をちゅ~るのように出して食べさせた。
     ちゅ~る以外は食べなかったため。)
    またトイレに籠る。。。また目薬をさす為に出す。
    新しい点眼薬は効いている気がする。目が開かない時にさすと開く
経過を診せに非ステロイド性内服薬を受け取りに病院へ。
瞼の内側の肉がほぼ出なくなり、眼球がしっかり確認できた。
白濁・炎症などが酷い為、中の様子を確認することは出来ない

眼圧:58mmHg(3回測定平均値)
体温:39.2度(微熱)
医師が恐れていた、緑内障を発症
眼内の確認が出来ないので、ハッキリとは言えないが、網膜剥離も起こしているだろう。
エコーにて腹水・胸水なし。
FCoV(猫コロナウイルス)抗体が100未満との結果だったが、FIPだった事例がある
ムーニーの症状からFIPの可能性は捨て切れない...
じゃぁ、あの検査は何だったんだ!?
(症状が出ている)目の中の液体?をとり、コロナウイルスがいるか検査をすると
100%解るとの事。(する場合は、目に針を刺すので、全身麻酔。。。)
短い時間に点滴で薬を入れて、眼圧を下げる方法がある。犬の場合は効果的。
ムーニーの場合は微熱があり原因が不明なので、点滴で体調を崩す可能性がある。
が、点滴をしてもらう事にした。3時間程預ける。

PM2:50頃・・・病院にお迎えに行く。問題なく点滴を終えた。
非ステロイド性の内服薬を受け取る。1日1回6滴。
今日だけ倍量12滴。基本は点滴で入れてしまうが、今回は大事をとって入れなかった。との事。
緑内障用の目薬2個追加
点滴の効果を最大限に出すために、PM7:00まで絶水絶食。
帰りの車内ぐらいから元気になってきた。

夜・・・ご飯食べる。元気。
ブドウ膜炎・結膜炎→緑内障・網膜剥離(も!?)2

何かしていないと、「どうして?どうして?どうして!?」のループにはまる。
医師が分からないのに、ひたすら悩む...
猫の緑内障を調べなきゃ。。。


ブドウ膜炎・結膜炎→緑内障・網膜剥離(も!?)1



7月18日(火)
朝・・・ご飯(ドライ)少し食べる。元気。
    朝元気な姿を見るのは5日振り...離れた所から見ると、右目と同じに見えるぐらい、
     目の大きさ・形・出具合が4日前ぐらいに戻った。目自体は真っ黒で真っ白だけど...悪化はしていない!!


ブドウ膜炎・結膜炎→緑内障・網膜剥離(も!?)3
眼圧下がってるよね?

日中お留守番。
夜・・・ご飯食べる。元気。涙が出ている。
    帰宅してすぐはまた左目だけ閉じていた。(涙のせい?)目薬をさすと開く
眼圧検査の為に病院へ。
眼圧60mmHg:(3回測定平均値)
下がっていない...ブドウ膜炎の炎症が強すぎて効果がなかったよう。との事。
点滴は何度もするようなものではない。効くコは正常値に戻っているとの事。
今の薬を続けて様子を見ることしかできない。
眼科専門病院に行くと何か可能性はあるかもしれない。
医師が紹介出来る眼科専門病院は8月末まで空きがないので間に合わない。
私達で調べた病院を伝え相談すると、学会で顔を合わせているので知っている。ということで、直接連絡してくれた。予約がとれたので、明日半休をとって、眼科専門病院へ。


嬉しい検査結果と悪化し続ける左目

2017年7月15日(土)
朝・・・(早朝)ダディ曰く元気。
    (お昼近く)ご飯(ちゅ~る含む)食べない。元気がない。
    1回目の目薬をさす時、目を開くとまた昨日(4回目の目薬の時)と同じで、
    上瞼下瞼の内側の肉?が出てきて、眼球を覆い目が少ししか開かなかった
日中・・・2回目の目薬の時も↑朝と同じ...
     効いてない!!合ってない?!悪化する一方...もうさしたくない。。。
夕方・・・みんなでドライブ。ムーニー不調などで延び延びになっていたバルサンを。
嬉しい検査結果と悪化し続ける左目3
     1時間程すると、目が腫れてきて開かなくなってきた
     開けると、瞼の内側の四方八方から肉が。。。      

通院日。病院へ。
7/12に行った検査の結果が出ていた。結果は全て陰性!!
良かった~ホントにホントに良かった!!一安心でした。
でも...じゃぁ、原因は何!?医師は「トキソプラズマ」だろう。と薬を準備し始めていたのだそう。
ダディも「トキソプラズマ」だと思い始めていたって。
嬉しい検査結果と悪化し続ける左目1
目の状態を診ようとしても、瞼の内側の肉で眼球が見えない
体温:39.2度(微熱がある。前回計った時は38.2度だったそう。)
ステロイドでブドウ膜炎が抑えられていない。
稀にステロイドが合わない・効かないコがいる。
今使っているステロイド(点眼薬)以上の強いものもないので、非ステロイド性抗炎症薬に変更してみる。
抗生剤も今と違う部類?の抗生剤に変更。
*点眼薬(非ステロイド性・抗生剤) *内服薬(抗生剤)←ステロイドと非ステロイド性は絶対に一緒に使用出来ないそうで、内服薬はステロイドが体内から抜けた1~2日後から飲み始めることに。
点眼:1日4回(調べると、点眼適正(可能)回数はステロイドMAX6回・非ステロイド性はMAX4回でした。)
日中お留守番の我家なので、4回は助かります。。。

効きますように!!結果がでますように!!
医師曰く、なぜ薬が効かないのか悪化するのか解らない。。。
「今回薬を変えて状況が変わらなければ、遠いですが、紹介できる眼科専門病院に
行かれる気はありますか?」と。「行きます。」と答えました。。。

夜・・・ご飯食べない。元気がない。
    目が腫れている。。。開かない。。。
    目薬の時、開いても瞼の内側の肉で、眼球が見えない。。。
嬉しい検査結果と悪化し続ける左目

↓下瞼も下げると同じように肉がでてきます。。。サイドからも。。。肉の色が赤くなってきた。。。
嬉しい検査結果と悪化し続ける左目2
体重:2.9kg(病院にて。)
(特に引き継がれる前のN医師を)病院を強く信用信頼していたので、別の病院という発想がありませんでした。
今日医師に言われてハッと。
家に帰り、県内で眼科専門病院を探しまた。すると、近くに口コミが良い眼科専門病院がありました!!
知らなかったな~。明後日、経過を診せて非ステロイド性内服薬を受け取った後、行ってみよう。



ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。⑤

7月13日(木)
朝・・・ご飯を食べる。あまり元気じゃない?
日中お留守番。
夜・・・ご飯を食べる。少ししんどそう。
    夜遅くなるにつれて、元気が出てきて、何度もちょこちょこご飯を食べて通常通りに。
    ↓こんな風に、ご飯が出てくるのを待っています。可愛いんだな~。
    それに、ご飯を欲しいって言ってくれることが、とっても嬉しいのです。    

ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。⑤2

日に日に瞬膜が出ていることが多くなっている
見えている瞬膜の幅も広くなってきた
人相ならぬ猫相が変わってる。。。

ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。⑤1

目薬:5回 体重:2.9kg(ちゃんと食べられたから戻ったね。)



7月14日(金)
朝・・・ご飯(ドライ・パウチ)を食べない。しんどそう。
    ベッドから動かない。
    ちゅ~るは勢いよく食べる。お目目が開いて元気になってきた。
朝ごはんを食べなかったのは7/2以来で(その時はちゅ~るも食べなかったけど)...心配しました。
最近はちゃんと総合栄養食を食べられていたので、栄養補完食のちゅ~るは薬を飲むときだけになっていて
忘れていたのですが、アッ!と思い出しちゅ~るをあげてみると食べた!そして、元気が出てきました。ちゅ~るって凄いな!!

日中お留守番。
夜・・・ご飯をちょこちょこ食べる。ちょっと元気がない。
    左目が小さくなっていることが多々ある
    4回目の目薬の時(PM11:00頃)上瞼下瞼の内側の身?が出てきて、眼球を覆い
    目が少ししか開かなかった
。初めて。悪化している。。。
    5回目の目薬の時(AM1:00頃)↑治っていた。いつも通り。

ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。⑤3

治らないどころか、悪化しているよう。。。
通院・点眼・内服頑張ってるのに。。。
辛いね...ムーニー。。。

目薬:5回 体重:2.9kg


ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。④

7月10日(月)
朝・・・ご飯食べる。調子は普通。(走り回ったり暴れてはないが、元気がないわけではない感じ。)
    昨日、目の下の部分にしっかりと出てきていた白いものは下がった?無くなった?
    ようで様子をみることに。    
日中お留守番。
夜・・・ご飯食べる。元気。
目薬:5回しかさせなかった。。。
ルカムイ:ブロードライン付ける。

7月11日(火)
朝・・・ご飯食べる。調子は普通。(走り回ったり暴れてはないが、元気がないわけではない感じ。)
日中お留守番。
夜・・・ご飯食べる。元気。

目の白いモヤモヤが瞳孔辺りまで上がってきていたので、急遽病院に。
悪化しているとのこと。モヤモヤはフィブリンというもの。
ブドウ膜炎のみであれば、すでに完治しているはず。
現在、重度ブドウ膜炎の処置を行っている為、これ以上の方法はない。
免疫介在性のものを疑って、内服中のステロイドを短期間(3日間)だけ倍の量に増やして
みるとのこと。
先週の土曜日に、ステロイドは早々に切りたいって言ってたのになぁ。。。
免疫介在性は...カイがお星様になった病気...怖いです。。。


病院から帰宅してから2時間後、医師から電話ありました。
ステロイドを増やす前に「トキソプラズマ」の検査をさせて欲しいと。
稀な病気。ブドウ膜炎+無症状(下痢・嘔吐などなし)の為とのこと。
トキソプラズマが原因だとステロイドの量を増やすと悪化する。悪化すると失明の可能性がある。

検査は血液を外注に出して行うもので、木曜が休診の都合上、出来れば明日の午前中に
来院して欲しいとのこと。
明日は半休をとって病院へ行くことになりました。
体重:2.9kg 目薬:5回

ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。④1

7月12日(水)
朝・・・ご飯食べる。元気。
検査をしに病院へ。
トキソプラズマ検査だけの予定でしたが、+FIP(猫伝染性腹膜炎)FeLV(猫白血病ウイルス)
FIV(猫免疫不全ウイルス)
も一緒に行うことになりました。
この3つは、手の施しようがなく命を落とす病気。野良ではないので白血病・エイズの可能性は無いに近い。
今、白血病・エイズだと分かっても、すでにるったんにうつっている。(んだとか。。。)ことから、医師と「検査をしても。。。」って感じだったのですが、未だ原因が不明でしっかり治療をしているのに、悪化している...今後を考えて、採血のストレス・多くの血をとること、セットで検査すると安くなるとのことで、4種類を一遍に行うことになりました。
FIPの検査...到頭といった感じがしました。陰性か陽性かハッキリさせたいと積極的に行うものではなく、原因が解らなくて仕方なくする検査だと思うのです。

結果は2,3日後、遅くても5日以内に分かるそう。分かり次第、連絡がきます。
どれでもないのか、どれか1つなのか、2つの可能性もと。。。
それまでは、今まで通りの投薬。
午後お留守番。
夜・・・ご飯食べる。疲れている、しんどそう。PM11:00頃~回復通常通り。
    ここ最近は、帰宅してリビングの扉を開けると、リオちとムーニーが一緒にお出迎えしてくれていたけど、
     今日のムーニーはベッドで寝ていました。血をいっぱいとったからね。

体重:2.8kg(減っている。ベッドから動かない時間があったので、ちょこちょこご飯を食べに来なかったからかな。)
目薬:6回
ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。④2

すべて陰性でありますように。絶対陰性。絶対陰性。。。
でも、免疫介在性も嫌。ムーニーに完治する軽い病名は残されていないのでしょうか。。。


ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。②

7月4日(火)
朝・・・ドライフード食べる。元気。
    大好きな猫じゃらしのネズミをお手手でチョイチョイっと一人遊びをする。
日中お留守番。
夜・・・ドライフード・缶詰・ちゅ~る食べる。元気。
    猫じゃらしを揺らすと以前のように飛び付いて遊ぶ。
    体重:2.9kg
今日も昨日に続いて、朝から元気でした。朝、元気なムーニーを見ると涙が出るぐらい嬉しくて、元気に「おはよ。」
っと挨拶を交せることが幸せで、平日の朝とは思えない(苦笑)温かい気持ちになりました。
ちゃんとご飯を食べ、お水を飲み、トイレで健康的なチッコ・ウン〇をしました。
目の白濁・充血していること以外は、以前と変わらい程、元気に戻りました。
なのに、体重が増えない...のが気になります。高カロリーの栄養剤、サプリが必要?明日は病院に行く予定なので、聞いてこよう。


(ベッドでウン〇した時のお話)
ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。②1

7月5日(水)
朝・・・ドライフード・ちゅ~る食べる。元気。
日中お留守番。
夜・・・ドライフード・缶詰・ちゅ~る食べる。元気。

経過通院。
食欲があり、ご飯を食べるようになったこと。病気になる前の元気なムーニーに戻ったこと。
目のショボショボが改善され、両目同じ大きさでパッチリ開けていること。鼻水・咳・嘔吐・下痢は
1度もしていないこと。を報告しました。
↑なので、私は良くなっているものだと思っていたので、「もう大丈夫ですね。後はこのまま飲み薬と点眼を続けていたら、白濁と充血も治りますから。」的なお話をされるものだと思っていたし、期待していたのですが...
そう言う訳ではなかったようです。。。

医師は残念そうに「あぁ...まだ白濁していますね。」と。
医師的には4日前に増やした点眼薬(ステロイド)で、白濁は無くなっている予定だったようです。
さらに...診てみると、今まで無かった前房?の下(6時部分)に繊維のようなものがある。
出血が治っていく段階の残りなら問題ないが、増えるようなら問題。
後、少しモヤモヤとしたもの?がある。これも増えたり、膿だった場合は厄介とのこと。。。
体重が増えないのは問題ない。
→ステロイドを飲んでいると(体内のタンパク質を分解?してしまうので)体重は増えない。
元気・食欲があるのは良いこと。ステロイド効いているからかな?との事。
(FIP・白血病は元気がなくなる。エイズは隠れることもあるので一概には言えない。)
ご飯を食べられているので、高カロリーの栄養剤はなどはいらないとの事。
次の通院日(8日)まで、このままの治療を継続することになりました。
体重:2.8kg(病院にて。減ってる...ご飯・ウン〇のタイミングでしょうと。)

7月6日(木)
朝・・・ドライフード・缶詰食べる。調子は普通。
(走り回ったり暴れてはないが、元気がないわけではない感じ。)
日中お留守番。
夜・・・ドライフード・缶詰・ちゅ~る食べる。調子は普通。
(走り回ったり暴れてはないが、元気がないわけではない感じ。)
    写真を撮っていたら...瞬膜がちょこちょこ出ている。。。
    白濁も濃くなっているように見える。。。
うーん...明日はまた病院かな...

ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。②2


ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。

7月1日(土)
(と言ってもお昼近く)・・・ご飯食べない。
              薬をパテ状のご飯(るったんの避妊手術後、抗生剤を包む用に買っていた余り)
              包んであげるが食べない。ベッドでジーっとしている。元気がない。
何度試しても食べず、薬も飲めなかったので、代わりの注射を打ちに病院へ。
病院の待合室で気付く→左目が白濁している。悪化!?
薬は飲むのを待つものではなく、飲ませるもの。
薬がステロイドなこともあり、出来るだけ何か胃にいれてから飲ませる。
飲ませ方を教わる。
歯が生えていない部分に指を入れて口を開け、上を向かせて、喉にいれる。
注射は打たず、パテと混ぜてダメにした薬を買って帰ることに。
現状を診て、薬「飲み薬(抗生剤)、目薬(ステロイド)」が増える。
→抗生剤から点眼、3分以上あけてステロイド。(先に点眼した薬を流してしまわない為。)回数は変わらず1日4回。
S院長にもNFCにしては小さい?と...体重:2.9kg(ご飯をほとんど食べれていないので、また減っていた。)
もう一度、FIPの可能性の説明をされる。。。。。。。。。。。。
次の来院は来週の土日予定だったが、間に1度診せに来て欲しいとのこと。

ムーニーを家に連れて帰った後、ペットショップへ。ムーニーが食べそうなものを探しに行き
ました。 (ホタルノヒカリ的な音楽が流れてたので) 急いで探して 「サイエンスダイエット キトン 缶詰」と「栄養補完食 子猫用 ちゅ~る」を買いました。
食べるか分からないので、少量。子猫用(総合)栄養食がこれぐらいしかなかったよ。

夜・・・缶詰・ちゅ~る食べる。教わった飲ませ方で薬を飲ませることが出来た。
    元気が出てきて、ちょこちょこ動き回る。
咳・鼻水・嘔吐・下痢なし。
「ブドウ膜炎 食欲がない 元気がない 完治」と何度も何度もネットで調べて、ムーニーの症状と比較してしまいます。
ブドウ膜炎を調べているのに「FIP」の文字ばかり...
怖くてしかたがないです。。。生きた心地がしないです。。。考えると涙がでます。。。
でも...ご飯を食べてくれました!!明日、買い足しに行かないと。
薬が効いてきたのか、ご飯を口にしたからか、少し元気が出てきました。良かった!!




7月2日(日)
朝・・・缶詰・ちゅ~る食べない。元気がない。(昨夜の元気はどこへ...)
日中もベッドから動かない。
お昼に少しだけちゅ~る食べる。

缶詰・ちゅ~る買い足しに。一緒に新しいドライフードとペット用の水分補給ドリンクを買う。
今思えば、ムーニーが食いしん坊ではなくなってちょこちょこ食べになり、食べる量が減ったのは、ご飯を変えた頃からな気がしました。ペットショップにいた頃から食べていたドライフードのメーカーは私達が知らないところだった為、本を参考にヒルズに変えていました。昨日、缶詰を食べていた時の様子を見ると、食欲は少しありそうだったので、食べられなかったのはヒルズのドライフードが体に合わなかったからなのか?っと。リオちもヒルズの療法食は合わなかったので、ブルーの毛色の子にはダメ?なんて...原因が分からないので、ちょっとした事が気になって、理由付けをしてしてしまうのですが...ってことで、ショップにいた頃食べていたメーカーのものに戻すことにしました。
後、お水をほとんど飲んでいないので、水分補給ドリンクをスポイトであげてみようと。


夜・・・缶詰・ちゅ~る・ドライフード食べる。
    ドライフードの食付きも良かったです。うちに来た当初を思い出しました。
    ここ数日の中では、ちゃんとご飯を食べたこともあり、お水も自分から飲んだ。
    チッコ・初ウン〇出る。
    元気が出てきてちょこちょこ動き回る。走ったり、活発。    
昨夜、少し元気が出てきていたので、このまま徐々に回復してどんどん元気を取り戻していくものだと思っていたのですが...今朝は、振り出しに戻ったかのような不調でした。
夜は朝と打って変って、ご飯を食べたのをきっかけに、昨夜以上に元気でした。心配になるぐらい動きました。
ビックリ・嬉しい反面、明日の朝に疲れが残らないか、今朝のようにまた食欲も元気もない状態に戻らないか、
不安になりました。一喜一憂しています。。。


↓夜、元気が出始めた頃のムーニー
ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。2



7月3日(月)
朝・・・ドライのご飯を食べる。目薬の時、逃げるぐらい元気。
    トイレ辺りにベタベタのチッコ跡あり...ムーニー?
    (体調を崩してから、ムーニーもフリーで過ごしています。)
日中お留守番。
帰宅すると、クリクリパッチリお目目でお出迎えしてくれました。
夜・・・ドライと缶詰ご飯、ちょこちょこ何度も食べる。元気。
    るったんと追いかけっこやパンチして遊ぶ。
    大好きなネズミの猫じゃらしを揺らすと興味を示す。(飛び付いてはこなかった。)
    目はくすんで充血しているが、他はブドウ膜炎になる前に戻ったように見える。
昨日とは違い、朝から食欲・元気がありました。体調を崩してから、初めて朝から元気でした。
嬉しくてしかたがなかったです。夜はさらに、朝よりも昨夜よりも元気で活発でした。回復してるんだよね?
明日の朝も元気でありますように...強く強く願い一緒に就寝しました。


↓姿が見えなくなって心配していたマミィをよそに、かくれんぼして遊んでいたムーニー
ムーニー「ブドウ膜炎」の記録。。。1



ムーニー体調不良の記録。。。

6月28日(水)
朝・・・元気がない?ご飯食べない。
日中お留守番。
夜・・・少しご飯食べる。
いつからか、卑しん坊でも食いしん坊でもなくなり、るったんの様にちょこちょこ食べをするようになりました。
でも、今までご飯を口にしないってことはなかったので心配しましたが、夜は食べ、普段通りだったったので、
そんなに気にしなくて大丈夫かなって感じでした。

ムーニー体調不良の記録。。。1

6月29日(木)
朝・・・ご飯食べない。尻尾で手を隠したお座りをする。(←普段しない)
    トイレじゃない所にウン〇あり。(私のブーツの上、一度されたことがあるのでニオイが残ってたかな。)
日中お留守番。
夜・・・ご飯食べない。チッコをキッチンマットに...ウン〇を自分のベッドでした模様。(←様子が変。)

ムーニー体調不良の記録。。。2

PM10:30~・・・尻尾で包むように、小さくなっている。(←様子が変。)
         両目ショボショボし始める。薄目しか開かなくなる。元気がない。
朝ご飯は食べなかったけど、昨日のように、夜ご飯は食べてくれるだろうと思っていたのですが...
様子も何だか変でした。程なくすると、るったんと一緒にウロチョロ遊び始めたので一安心しました。
夜10時頃からサークルの上に置いてあるベッドでジーっとして...その後、↑上記の状態に。
明日半休をとり、朝一で病院に行くことにしました。


6月30日(金)
朝・・・ご飯食べない。元気がない。薄目。
病院へ。外にでると好奇心の方が勝って?目が開く、キョロキョロする。
左目がブドウ膜炎との診断でした。痛みで食欲と元気がないのかな?との事。
*眼圧が低い(右目15~16 左目5) *白目が充血していた *瞳孔反射あり(ないと緑内障との事)
*外傷なし *腹水なし *血液検査異常なし *子宮周りエコー異常なし
原因は不明...猫伝染性腹膜炎(FIP)の可能性も.........との事。
FIPの検査をする場合、ステロイドを使用すると判定し辛くなるが、(陽性だと分かっても致死率が99.9%~などの病気の為)ブドウ膜炎の治療優先で、ステロイドを使用する。
ステロイドの注射を打つ。飲み薬(ステロイド)と目薬(抗生剤)が処方される。
一緒に先週の日曜日に取り寄せをお願いしていたブロードライン(フィラリア+フロントライン)
6ヶ月×ふたり分を買って帰る。


ムーニー体調不良の記録。。。3

ノルウェージャンフォレストキャットにしては小さい?(手足は大きいのに。)
体重:3.0kg(ご飯を食べてないので減っていた。)
どこかで炎症が起きていて、それにエネルギーを取られ大きくなれていない可能性も...との事。
治らなければ、もう一度血液検査とレントゲン、エコーなど詳しい検査を行う。
嘔吐・下痢など他の症状がないか注視。出た場合すぐに診察。
次回は、来週の土日のどちらかに経過診察予定。
カイの時からお世話になっていたN医師最終日。次回からリオのヘルニア治療の時のS院長に引き継がれる。
午後からお留守番。
夜・・・ちょこちょこご飯を食べる。左目はショボショボ。
    尻尾を巻いたり、小さくなったりせず、動くようになった。
FIP.......知っています。詳しくはないけど、知っています。発症すると手の施しようが無い、
死んでしまう病だと知っています。


FIPではないことを信じて記録します。


Top

HOME

SHOKO

Author:SHOKO

You need to upgrade your Flash Player.

ポチッお願いします

にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

ありがとう御座います

QR